コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樋口泉 ひぐち いずみ

1件 の用語解説(樋口泉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樋口泉 ひぐち-いずみ

1809-1874 江戸後期-明治時代の和算家。
文化6年生まれ。京都の小島濤山(とうざん)にまなぶ。臨済宗(りんざいしゅう)天竜寺派の曇華院(どんげいん)(京都尼五山のひとつ)につかえる。和歌もよくした。明治7年6月22日死去。66歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。本姓は岩佐。字(あざな)は子善。通称は貞五郎,主水(もんど)。号は東湖。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

樋口泉の関連キーワード大草公弼三枝斐子ムラヴィヨーフラーマ[1世]脇坂安宅利根川島義勇小野梓サイゴン条約ハーディ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone