コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落(と)す オトス

1件 の用語解説(落(と)すの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おと・す【落(と)す】

[動サ五(四)]
上から下へ勢いよく、また急に移動させる。
㋐落下させる。「鉛筆を床へ―・す」「柿の実を―・す」「はらはらと涙を―・す」
㋑光・視線などを注ぐ。その方向に向けて届かせる。「主役の立つ位置にライトを―・す」「書類に目を―・す」
㋒液体を入れる。また、流し入れる。「紅茶にウイスキーを少し―・す」「川の水を田に―・す」
㋓あとに残す。「学園紛争が―・した影響は大きい」
㋔調査結果などを地図や図面に記入する。「経緯度を地図に―・す」
ある所・手元から離す。
㋐ついているものを取り去る。そこにあるものを、なくなるようにする。「汚れを―・す」「ひげを―・す」「風呂の火を―・す」
㋑持っているもの、備わっているものをなくす。失う。「不慮の事故で命を―・す」「財布を―・す」
㋒客などがお金をその場所で使う。「観光客の―・す金で町がうるおう」
㋓入るはずのものを入れないでおく。ぬかす。もらす。「名簿から名前を―・す」「一字―・してしまった」
㋔こっそり逃がす。「幼君を西国に―・す」

㋐試合で、負ける。「初戦を―・す」「星を―・す」
㋑不合格にする。落第させる。また、不合格となる。「一次審査で半数を―・す」「必修の単位を―・す」
㋒選挙で、落選させる。
物事の水準をこれまでよりも低くする。
㋐普通より位置を下げる。「肩を―・す」
㋑程度・数量などを下げたり、低い状態にしたりする。「声を―・す」「生産を―・す」「体重を―・す」「力を―・す」
㋒段階・価値などを低くしたり、悪くしたりする。「平社員に―・される」「評判を―・す」「質を―・す」
㋓悪口を言う。見下げる。あなどる。
「目薬のびんが歩くようであろうと―・すに」〈一葉たけくらべ
㋔零落させる。「身を―・す」
物事を終わりの段階・状態に行き着かせる。
㋐あるところまで至らせる。陥らせる。「窮地に―・す」「罪に―・す」
㋑最終的に自分の所有とする。落札する。「名画を競売で―・す」「手形を―・す」
㋒城などを攻め取る。陥落させる。「敵陣を―・す」
㋓強く迫って相手を自分の思い通りにする。熱心に説得して相手を従わせる。また、問い詰めて白状させる。「意中の女性を―・す」「容疑者を―・す」
㋔物事の決まりをつける。処理する。「必要経費で―・す」「口座から―・す」
コンピューターで、本体に記憶されているデータなどを別の媒体に移す。「文書をフロッピーディスクに―・す」
柔道で、気絶させる。「絞め技で―・す」
落語などで、話をしめくくる。「駄洒落(だじゃれ)で―・す」
精進などの期間・状態を終わらせる。
[補説]意図的な場合のほか、「定期入れを落とす」「単位を落とす」「平凡なフライを落とす」のように、不用意にも、うっかりして、の意で用いられる場合も少なくない。
[可能]おとせる
[下接句]命を落とす影を落とす肩を落とす気を落とす声を落とす空飛ぶ鳥も落とす力を落とす幕を切って落とす身を落とす目を落とす

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

落(と)すの関連キーワード素っ飛ばす突ん出す撫で下ろす打っ放す見下す打下ろす押下ろす切下ろす繰出す突刺す

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone