コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樋口甚蔵 ひぐち じんぞう

1件 の用語解説(樋口甚蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樋口甚蔵 ひぐち-じんぞう

1747-1796 江戸時代中期の豪農。
延享4年1月29日生まれ。献金して筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩の士分となる。京都で西依成斎(にしより-せいさい)にまなぶ。寛政7年焼失した藩校修道館の再建に際し樺島石梁(かばしま-せきりょう)の依頼で300両を提供。新校舎は翌年完成,明善(めいせん)堂と改称された。寛政8年11月5日死去。50歳。名は源清。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

樋口甚蔵の関連キーワード勝部朝矩伊藤君嶺内海継之笠井魚路嘉六河田正矩佐藤就正春川秀蝶松井松宇横山潤