コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樋口知足斎 ひぐち ちそくさい

1件 の用語解説(樋口知足斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樋口知足斎 ひぐち-ちそくさい

1750-1826 江戸時代後期の武士,農政家。
寛延3年10月25日生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。下級役人をへて勘定吟味役頭取,大代官,書物奉行,中奥番格などをつとめる。本居宣長(もとおり-のりなが)にまなぶ。著作に農政実務書「税賦参定指南」などがある。文政9年6月1日死去。77歳。名は好古(よしふる)。字(あざな)は信夫。通称は又兵衛。別号に碩果翁。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

樋口知足斎の関連キーワードハウフザンド朝トーマス教会ウェールズ文学ヒッタイト美術リングクルップビニー内館元右衛門メイラン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone