コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書物奉行 ショモツブギョウ

デジタル大辞泉の解説

しょもつ‐ぶぎょう〔‐ブギヤウ〕【書物奉行】

江戸幕府の職名。若年寄に属し、紅葉山文庫の図書の保管・出納や写本の作成などを担当した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょもつぶぎょう【書物奉行】

江戸幕府の職名。文庫および図書の出納・保管・修理の管理に当たる。1633年(寛永10)創設され1866年(慶応2)幕府解消までつづき,90名が任ぜられた。時代により異同があるが,人員4名,若年寄支配,焼火間詰,200俵高,役扶持七人扶持で,同心は4名から21名前後である。その記録(1706年以後)が内閣文庫に伝存され,《幕府書物方日記》(《大日本近世史料》所収)として刊行されている。江戸城紅葉山文庫は初め林家ほかが適宜扱っていたが,奉行設置により逐次諸業務を管掌し,1712年(正徳2)には会所および3書庫が整備された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょもつぶぎょう【書物奉行】

江戸幕府の職名。若年寄の支配下。幕府の文庫を管理し、図書の保管・出納などの任にあたった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の書物奉行の言及

【図書館】より

…なお家康は江戸城内にも,1602年(慶長7),富士見亭文庫なるものをつくらせているが,のち場所を移して紅葉山(もみじやま)文庫となった。ここには書物奉行がおかれ,在任者には青木昆陽,近藤重蔵の名が見える。その蔵書は今日,一部は宮内庁書陵部,大部分は国立公文書館に移管されている。…

※「書物奉行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

書物奉行の関連情報