コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準気圧 ヒョウジュンキアツ

百科事典マイペディアの解説

標準気圧【ひょうじゅんきあつ】

気圧の標準としてとる値。ふつうは1気圧,すなわち1013.250hPa。これは国際的に定められた標準重力加速度(980.665cm/sec2),0℃のもとでの760mmの水銀柱の圧力に等しい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうじゅんきあつ【標準気圧】

実際の大気の平均に近い気圧。基準条件下における水銀柱760ミリメートルの高さに相当する。すなわち、1013.25ヘクトパスカルで、これを一気圧とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

標準気圧の関連キーワード国際温度目盛りセルシウスキログラム水銀気圧計標準大気圧リットル温度計BTUNTP銀点金点温位大気

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android