標準重力(読み)ひょうじゅんじゅうりょく(英語表記)normal gravity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

標準重力
ひょうじゅんじゅうりょく
normal gravity

ジオイド上の重力の値を経緯度関数として表わしたもので,重力の標準値として,国際的に協定された値が用いられている。次のものが使われている。国際標準重力式では
1967年測地基準系では
である。ここで は緯度である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうじゅんじゅうりょく【標準重力】

各緯度の標準的な重力。地球を仮想的な回転楕円体と考えたときの計算値で、実測値とは一致しない。正規重力。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の標準重力の言及

【重力】より

…従来,1930年国際式の名のもとに下の式が使用されてきた。 γ=978.049(1+0.0052884sin2φ  -0.0000059sin22φ) (Gal) これらの式で表される重力値はしばしば標準重力とも呼ばれてきたが,現在では正規重力と呼ぶように推奨されている。 ところで,新旧の正規重力値を比較すると,新しい式の方が従来の式に比べ全体的に重力値が小さく表示されている。…

※「標準重力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android