標題紙(読み)ひょうだいし(英語表記)title page

翻訳|title page

図書館情報学用語辞典の解説

標題紙

“通常,出版物の冒頭にあり,当該出版物の最も完全な書誌的情報を提示するページ.完全なタイトルや責任表示,版次,出版地,出版者,出版年の全部または一部の表示がある”(『日本目録規則1987年版改訂3版』用語解説).タイトルページ,(とびら)ともいう.欧米では標題紙に最も完全な書誌的情報を示すことが造本の慣行となっており,これを書誌記述主情報源として安定的に用いることができる.それに対して,日本では標題紙を単なる装飾とみなす傾向があり,詳細な情報は奥付に記載される場合が多い.なお,標題紙に加えて,副標題紙を持つ出版物もある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android