コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥付 オクヅケ

6件 の用語解説(奥付の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おく‐づけ【奥付】

書物の末尾に、書名・著者・発行者・印刷者・出版年月日・定価などを記した部分。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

奥付【おくづけ】

日本の書籍や雑誌において,一般に末尾に,著者あるいは編集者,発行者,発行所(地),発行年など出版発売に関する情報を記載している部分。刊記に由来するものだが,江戸時代の出版取締のための法制化を経て,1893年〈出版法〉により不可欠のものとなった。
→関連項目検印

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おくづけ【奥付】

日本の書籍や雑誌の末尾に,著作者あるいは編集者,発行者,印刷・発行の年月日,版数や刷数,著作権の表示,定価など,出版発売に関する必要事項を記載した部分をいう。歴史的には11世紀末から始まった〈刊記〉(開版年紀,開版地名,開版書肆(しよし)または開版人などを表示したもの)に由来し,法制としては1722年(享保7)に南町奉行大岡越前守が猥褻(わいせつ)書を取り締まるために発した御触書が初めである。以後これが踏襲され,とくに1869年(明治2)の〈出版条例〉,ついで93年の〈出版法〉によって不可欠のものとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おくづけ【奥付】

書籍・雑誌などの巻末にある、著者・書名・発行者・印刷者・発行日・定価などを記載した部分。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥付
おくづけ

刊本の末尾に、著作者、編者、訳者、発行者、印刷者の氏名、発行所、印刷所、印刷・発行年月日、刷数、版数、定価などを記したページ、またはその部分をいう。歴史的には刊記に由来するといわれるが、法的に定められたのは、江戸幕府が1722年(享保7)12月、5か条からなる出版取締令を公布したときに始まる。その第4条に「何書物によらず此後新板之物、作者並板元実名奥書為致可申候事」とある。これが明治新政府の出版条例(1869)に受け継がれたが、記載箇所や形式についての指示はなかった。出版法(1893)になって「文書図画ノ末尾」になり、記載の形式もしだいに整えられてきた。出版法は1949年(昭和24)5月に廃止され、現在は奥付についての法的規制はなくなった。しかし、書誌的事項を表す重要な箇所になっていることから、そのまま踏襲されている。[矢作勝美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

奥付

図書や雑誌の末尾に著作者や出版者の氏名と住所,発行年月日,版次と刷次,著作権表示などを記載したページまたはその部分.日本独特のもので1722年12月(享保7年11月)江戸町奉行大岡忠相が出した「新作書籍出板の儀に付触書」中の1条“何書物によらず,これ以後,新板の物,作者ならびに板元の実名,奥書に致させ申すべく候事”に由来する.明治以後も法律で規定され,1949(昭和24)年5月24日に廃止されるまで義務付けられていた.現在は法的規制ではなく慣行として継承され,必要とされる書誌的事項の記載箇所として有意義である.西欧の写本や初期の印刷本において,書籍巻末に印刷(書写)年月,場所,印刷者名などを記載した部分をcolophon(終わりの意のギリシャ語)というのに比定される.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の奥付の言及

【木記】より

…日本では,翻刻の漢籍にとどまらず,和書にも表示されるようになった。現在日本の書物が奥付という木記と似た表示を行うのは,第2次大戦中まで,法令がそれを規定していたものが,慣習として定着したためでもあるが,その形式そのものが木記から発展したものであることも,また疑う余地がない。なお日本書誌学会では,上述の意味の一般用語としては刊記という術語を用い,時,場所,刊行者の名などのほかに,刊行の縁起などの記載が加わって長くなったものを刊語,刊記や刊語のうちとくにまわりに囲いのあるものを木記と呼ぶというように,ことばの使い分けをすることを提唱している。…

※「奥付」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奥付の関連キーワードアンカット謹上再拝敬白後序自炊出版社図版落丁付録スキャン代行サービス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奥付の関連情報