コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

模造皮革 もぞうひかくimitation leather

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

模造皮革
もぞうひかく
imitation leather

擬革ともいう。天然皮革模造品代用品。近年,狭義では特に繊維くずや革くずをラテックスで固め,着色・型押しした合成シート (ビニルレザー) などをさす。繊維くずをゴムで固めたり,や紙などにラッカーやゴムを塗り,皮革に似せたものは大正末期頃から存在したが,実用性に欠けていた。第2次世界大戦後は硝酸繊維素を布に塗布したものが用いられ,さらに合成樹脂工業の発展に伴い,塩化ビニル樹脂を布に塗ったものが普及した。 1960年頃からは,プラスチックシートなどを布などに塗ったり,複合させて外観ばかりでなく物理的性質をも似せた人工皮革が現れている。広義ではこれも模造皮革であるが,特に区別されて扱われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

模造皮革の関連キーワードレザー擬革

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android