硝酸繊維素(読み)しょうさんせんいそ

  • しょうさんせんいそ セウサンセンヰソ
  • しょうさんせんいそ〔セウサンセンヰソ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 セルロース硝酸エステル。セルロースを混酸(硝酸硫酸の混合物)で処理して得られる。エステル化の程度によって製品の性質もちがい、用途も異なっている。エステル化の程度は窒素含有量で示し、これを硝化度と呼ぶ。硝化度一二・五パーセント以上では綿火薬、一一パーセント程度ではセルロイドラッカーに用いられる。硝化綿硝化繊維素ニトロセルロース

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の硝酸繊維素の言及

【ニトロセルロース】より

…硝酸繊維素,硝化綿ともいい,セルロースの硝酸エステルである。セルロース誘導体では最も早く1833年に合成された。…

※「硝酸繊維素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android