コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合成樹脂工業 ごうせいじゅしこうぎょうplastics industry

1件 の用語解説(合成樹脂工業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合成樹脂工業
ごうせいじゅしこうぎょう
plastics industry

合成樹脂の生産および加工を行なう工業。石油化学によって生産される樹脂が約 65%を占める。1950年代後半の石油化学工業の始動で工業化が進み,多品種の合成樹脂の開発に伴って鉄鋼,ガラス,紙など他素材の代替素材としての需要の増加などにより急速に発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の合成樹脂工業の言及

【合成樹脂】より

…実質上はプラスチックplasticと同義と考えてよいが,プラスチックは成形品になるもののみをいう場合がある。
[合成樹脂工業]
 古くから,松やに(ロジン),昆虫の分泌物のシェラックなどが天然樹脂として知られ,また,半合成樹脂としてセルロイド(ニトロセルロース),アセチルセルロースなどが生産されていたが,合成樹脂工業の歴史は1907年にアメリカのL.H.ベークランドが発明したベークライトbakeliteに始まる。ベークライトはフェノールとホルマリンから純粋に人工的に合成された物質で,フェノール樹脂の一つである。…

※「合成樹脂工業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone