コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

権力欲 けんりょくよく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

権力欲
けんりょくよく

権力を欲望の一つとする見方。これは中世の神学者に始るといわれる。神学者は,支配の願望を性欲や知識欲と並ぶ人間の根本的な要求の一つとし,肉欲や権力欲を非難した。近代に入っても W.ジェームズの獲得欲や W.マクドゥーガルの闘争本能,S.フロイトの権力衝動などの諸説において権力欲は,人間の主観的欲望の一つとして位置づけられている。特にフロイトおよびその学派は劣等感に対する補償としての権力衝動を強調し,すべての政治抗争を心理的な欲求不満で説明しようとした。しかし,近年においては,権力そのものが「人間相互間に生ずる状況」 (H. D.ラスウェル ) としてとらえられ,本能説,欲望説は衰退しつつあるといえよう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

権力欲の関連キーワードコルネイユ(Pierre Corneille)プラチャーティポックグスマン・ブランコアレクシウス3世ミロシェビッチサンタ・クルス心の病気の特徴オリバレス体質心理学カネッティサディズム山県有朋政治権力ドロルム理神論優越感三銃士道徳政局粛清

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

権力欲の関連情報