権田市右衛門(読み)ごんだ いちえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

権田市右衛門 ごんだ-いちえもん

1766-? 江戸時代中期-後期の武士。
明和3年生まれ。豊前(ぶぜん)中津藩(大分県)藩士。勤王思想をいだき,簗(やな)又七,前野良庵らと交遊する。高山彦九郎とであい,藩主奥平昌高(まさたか)との会見を仲立ちした。名は幸広。号は潮涯。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android