権田市右衛門(読み)ごんだ いちえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

権田市右衛門 ごんだ-いちえもん

1766-? 江戸時代中期-後期の武士。
明和3年生まれ。豊前(ぶぜん)中津藩(大分県)藩士。勤王思想をいだき,簗(やな)又七,前野良庵らと交遊する。高山彦九郎とであい,藩主奥平昌高(まさたか)との会見を仲立ちした。名は幸広。号は潮涯。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android