コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横井孫九郎 よこい まごくろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横井孫九郎 よこい-まごくろう

1780-1812 江戸時代後期の武士。
安永9年生まれ。紀伊(きい)和歌山藩士。小納戸頭取格となる。彫刻にすぐれ,桃核十六羅漢図の細工などがある。文化9年4月死去。33歳。名は時長,時良。通称ははじめ辰五郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

横井孫九郎の関連キーワードティチング武装中立同盟ペスタロッチ洪景来の乱第2次英米戦争マリアテレジアマリアテレジアコンディヤック前古典派音楽ダービー(競馬)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android