コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横口式石棺 よこぐちしきせっかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横口式石棺
よこぐちしきせっかん

古墳時代の家形石棺の身の前面あるいは側面に方形の穴をあけ,ふたを取らずに遺体などを入れることができるようにした石棺。横穴式石室の中に入れられた場合もあるが,大きなものでは封土の中に直接埋められたものもある。北九州出雲地方に分布し,特に後者では石棺式石室の名があり,多くみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

横口式石棺の関連キーワード江田船山古墳西隈古墳古墳時代

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android