横川勘平(読み)よこがわ かんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横川勘平 よこがわ-かんぺい

1667-1703 江戸時代前期の武士。
寛文7年生まれ。赤穂(あこう)四十七士のひとり。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂藩主浅野長矩(ながのり)につかえる。長矩切腹ののち江戸にでて本所林町にすみ,吉良(きら)邸の動静をさぐり,元禄(げんろく)15年同志とともに討ちいった。元禄16年2月4日切腹。37歳。美作(みまさか)(岡山県)出身。名は宗利。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android