横川勘平(読み)よこがわ かんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横川勘平 よこがわ-かんぺい

1667-1703 江戸時代前期の武士。
寛文7年生まれ。赤穂(あこう)四十七士のひとり。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂藩主浅野長矩(ながのり)につかえる。長矩切腹ののち江戸にでて本所林町にすみ,吉良(きら)動静をさぐり,元禄(げんろく)15年同志とともに討ちいった。元禄16年2月4日切腹。37歳。美作(みまさか)(岡山県)出身。名は宗利。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android