コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横川勘平 よこがわ かんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横川勘平 よこがわ-かんぺい

1667-1703 江戸時代前期の武士。
寛文7年生まれ。赤穂(あこう)四十七士のひとり。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂藩主浅野長矩(ながのり)につかえる。長矩切腹ののち江戸にでて本所林町にすみ,吉良(きら)邸の動静をさぐり,元禄(げんろく)15年同志とともに討ちいった。元禄16年2月4日切腹。37歳。美作(みまさか)(岡山県)出身。名は宗利。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

横川勘平の関連キーワード四十七士(赤穂四十七士)赤穂浪士一覧赤穂義士

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android