コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横断的調査法 おうだんてきちょうさほうcrosssectional approach

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横断的調査法
おうだんてきちょうさほう
crosssectional approach

縦断的調査法の対語。社会をある一時点において切断し,そこに作用するいくつかの社会的因子間の相関関係ないし因果関係を調査する方法。個人あるいは集団の生活史法も横断的調査法の一種。 (→生活史 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

横断的調査法の関連キーワード調査設計

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android