コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横断的調査法 おうだんてきちょうさほうcrosssectional approach

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横断的調査法
おうだんてきちょうさほう
crosssectional approach

縦断的調査法の対語。社会をある一時点において切断し,そこに作用するいくつかの社会的因子間の相関関係ないし因果関係を調査する方法。個人あるいは集団の生活史法も横断的調査法の一種。 (→生活史 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone