縦断的調査法(読み)じゅうだんてきちょうさほう(英語表記)longitudinal method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横断的調査法対語。いくつかの社会的因子の間の因果関係を調べるために,一定の調査対象に関して時をへだてた2つ以上の時点で調査を行うもの。あるいは,特定の社会的単位を長期間にわたって連続的に調査して,生活史を描き出す方法のことをも意味する。いずれの場合にも,現在から過去にさかのぼって調査する遡及調査と,現在から未来に向って追跡する追跡調査 (または継続調査) とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android