コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横泳ぎ よこおよぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横泳ぎ
よこおよぎ

身体を横に伸ばし,顔を水面に出した姿勢で泳ぐ泳法は前後に開いてあおり,は胸の前に合わせた位置から,下の腕を顔の方に伸ばすと同時に上の腕を脚の方に伸ばしながら大きく水をかく。扇足 (あおりあし) は瞬発的に強い推進力を生むため,水球,救助法などに応用されている。「伸び」「熨斗 (のし) 」ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よこ‐およぎ【横泳ぎ】

からだを横向きにして顔を上に向け、あおり足をすると同時に、下方の手を前方に伸ばして水を押さえながら上方の手で水をかく泳ぎ方。伸(の)し泳ぎ。伸し

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よこおよぎ【横泳ぎ】

体を伸ばして水面に横たわり、あおり足をしながら上の手で水をかく泳ぎ方。日本泳法には10種類以上あり、「のし」が代表的。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

横泳ぎの関連キーワードサイドストローク腰痛(症)伸し泳ぎ片抜き手日本泳法諸手伸し抜き手煽り足遠泳水泳