コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横浜大空襲

1件 の用語解説(横浜大空襲の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

横浜大空襲

1945年5月29日、アメリカのB29爆撃機など約600機が横浜上空に現れ、午前9時15分ごろから約1時間、焼夷(しょうい)弾などで市街地を爆撃した。神奈川区の東神奈川駅や青木橋付近、西区の平沼橋付近、中区の官庁街と本牧一帯が攻撃目標とされる。被害は南、磯子、保土ケ谷、鶴見の各区にわたり、市内約17.8平方キロメートルが焼失した。空襲直後に県警がまとめた記録=表=はあるが、正確な死者数は不明なまま。死者・行方不明者は1万5千人を超えるともいわれる。投下された焼夷弾の総量は2570トン。約10万人の死者を出した東京大空襲(同年3月10日)の約1.5倍にあたるとされる。

(2009-05-29 朝日新聞 朝刊 神奈川全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横浜大空襲の関連キーワードアングロアメリカアメリカ杉アメリカ地中海アメリカンアメリカンチェリーアメリカンドリームパックスアメリカーナアメリカ草アメリカ凌霄花あめりか物語

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone