コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横谷宗与(初代) よこや そうよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横谷宗与(初代) よこや-そうよ

1613-1691* 江戸時代前期の装剣金工。
慶長18年生まれ。横谷派の祖。京都で後藤殷乗(いんじょう)に師事。寛永年間江戸に出,のち幕府につかえ彫物役となる。元禄(げんろく)3年12月17日死去。78歳。京都出身。名は友周。通称は治(次)兵衛。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

横谷宗与(初代)の関連キーワードロマノフ朝ロマノフ朝インノケンチウス12世オレンジ結社越後屋ヨーハン・ゲオルク3世林又七延岡城バンスラード延岡藩

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android