樵歌(読み)ショウカ

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐か セウ‥【樵歌】

〘名〙 きこりのうたう歌。
※菅家文草(900頃)三・秋「夜深山路歌罷、殊恨隣鶏報暁遅」
※和漢朗詠(1018頃)下「山路に日落ちぬ 耳に満てるものは樵歌牧笛の声〈紀斉名〉」 〔戴叔倫‐喜雨詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android