コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樽型歪曲 タルガタワイキョク

デジタル大辞泉の解説

たるがた‐わいきょく【×樽型×歪曲】

カメラなどの光学系に生じる歪曲収差の一。画面周辺部の直線が外側に向かって曲がるため、方眼面を撮影すると樽の形のように膨らむ。広角レンズに生じやすい。樽型収差。→糸巻き型歪曲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

樽型歪曲

  歪曲収差 (ディストーション)のうち、直線が内側に曲がるように写るもの。方眼紙のような被写体を撮ると、まるで樽のような形になるため、この名前がついた。負の歪曲、またはマイナスのディストーションと言う。ズームレンズでは、おもに望遠側でこの樽型歪曲が生じる。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

樽型歪曲の関連キーワード糸巻型歪曲

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android