コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樽型歪曲 タルガタワイキョク

デジタル大辞泉の解説

たるがた‐わいきょく【×樽型×歪曲】

カメラなどの光学系に生じる歪曲収差の一。画面周辺部の直線が外側に向かって曲がるため、方眼面を撮影すると樽の形のように膨らむ。広角レンズに生じやすい。樽型収差。→糸巻き型歪曲

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

樽型歪曲

  歪曲収差 (ディストーション)のうち、直線が内側に曲がるように写るもの。方眼紙のような被写体を撮ると、まるで樽のような形になるため、この名前がついた。負の歪曲、またはマイナスのディストーションと言う。ズームレンズでは、おもに望遠側でこの樽型歪曲が生じる。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

樽型歪曲の関連キーワード糸巻型歪曲

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android