コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方眼紙 ホウガンシ

デジタル大辞泉の解説

ほうがん‐し〔ハウガン‐〕【方眼紙】

直角に交わる縦横の直線を等間隔にひいた用紙。グラフ・統計・見取図などを描くのに用いる。セクションペーパー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

方眼紙【ほうがんし】

紙の上に直交する2組の平行線を等間隔で引き,細かい枡目(ますめ)に区切ったもの。グラフや図形をかくのに使用。目盛の一または両方を等間隔でなく対数目盛にした半対数方眼紙対数方眼紙などもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほうがんし【方眼紙】

互いに直角に交わる縦横の等間隔の線をこまかく引いた紙。設計図・グラフなどを描くのに用いる。セクション-ペーパー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

方眼紙の関連キーワードランダウ(Edmund Landau)ペリー(John Perry)目の老化と老化がまねく目の病気ログログ平行移動の法則ルートマップ(地学)Excel方眼紙ジョン ペリーパレートの法則オスマー線図ジブラの法則片対数方眼紙両対数方眼紙セクションノモグラフ図式計算法計算図表ペーパー樽型歪曲所得分布清水 信

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

方眼紙の関連情報