方眼紙(読み)ホウガンシ

大辞林 第三版の解説

ほうがんし【方眼紙】

互いに直角に交わる縦横の等間隔の線をこまかく引いた紙。設計図・グラフなどを描くのに用いる。セクション-ペーパー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほうがん‐し ハウガン‥【方眼紙】

〘名〙 互いに直角に交わる縦横の線をこまかく引いて、多数の方形に区切った製図用紙。設計図、見取図、図案、統計、グラフなどを書くのに用いる。セクションペーパー。〔工学字彙(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

方眼紙の関連情報