歪曲(読み)ワイキョク

デジタル大辞泉の解説

わい‐きょく【×歪曲】

[名](スル)
物をゆがめまげること。また、ゆがみまがること。「歪曲した線路」
事実をわざとゆがめて伝えること。「この報告は事実を歪曲している」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わいきょく【歪曲】

( 名 ) スル
故意にゆがめること。ことさら事実をいつわって伝えること。多くは悪く変えることにいう。 「 -して報道する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

わい‐きょく【歪曲】

〘名〙 ゆがみまがること。また、ゆがめまげること。事実などをいつわってゆがめること。
※万葉集における自然主義(1933)〈長谷川如是閑〉四「国家道徳による曲疵や(ワイキョク)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の歪曲の言及

【収差】より


[ザイデルの5収差]
 ドイツのザイデルLudwig Philipp von Seidel(1821‐96)は,単色光に対して,共軸球面系(各屈折面の曲率中心が一直線上に並んだ光学系)の光軸のまわりの対称性から収差を5種類に分類した。すなわち球面収差,コマ収差,像面湾曲,非点収差,および歪曲であり,これらをザイデルの5収差という(この五つを広義の球面収差と呼ぶ場合もある)。彼はスネルの法則を入射角xに関する三次までの近似式,sinxxx3/6で展開して,各収差の特徴を論じた。…

※「歪曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歪曲の関連情報