コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歪曲 ワイキョク

デジタル大辞泉の解説

わい‐きょく【×歪曲】

[名](スル)
物をゆがめまげること。また、ゆがみまがること。「歪曲した線路」
事実をわざとゆがめて伝えること。「この報告は事実を歪曲している」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わいきょく【歪曲】

( 名 ) スル
故意にゆがめること。ことさら事実をいつわって伝えること。多くは悪く変えることにいう。 「 -して報道する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の歪曲の言及

【収差】より


[ザイデルの5収差]
 ドイツのザイデルLudwig Philipp von Seidel(1821‐96)は,単色光に対して,共軸球面系(各屈折面の曲率中心が一直線上に並んだ光学系)の光軸のまわりの対称性から収差を5種類に分類した。すなわち球面収差,コマ収差,像面湾曲,非点収差,および歪曲であり,これらをザイデルの5収差という(この五つを広義の球面収差と呼ぶ場合もある)。彼はスネルの法則を入射角xに関する三次までの近似式,sinxxx3/6で展開して,各収差の特徴を論じた。…

※「歪曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

歪曲の関連キーワードトランスフォルマシオンディフォルメーション現実歪曲フィールドデフォルマシヨンサンドバッキングユダヤ人ジュースデフォルマシオンザイデルの5収差ディストーションデカップリングオポチュニズム現実歪曲空間対称型レンズサラフィーヤフラット組織共通農業政策新・新古典派写真のワープザイデル収差デフォルメ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歪曲の関連情報