樽平(読み)たるへい

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

たるへい【樽平】

山形の日本酒。酒名は、地元の方言で気持ちよく酒に酔った様子を「たるへい」といったことにちなみ命名。「金樽平」「銀樽平」「極掬粋樽平」は吉野杉の甲付樽で仕上げる特別純米原酒。ほかに純米大吟醸酒などがある。味わいは芳醇旨口。原料米は山田錦、美山錦、ササニシキなど。仕込み水は飯豊(いいで)山系の伏流水。蔵元の「樽平酒造」は元禄年間(1688~1704)創業。所在地は東置賜郡川西町大字中小松。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android