コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ささにしき ササニシキ

デジタル大辞泉の解説

ささにしき

稲の一品種。宮城県で作られ、昭和38年(1963)に命名・登録。味がよく、収量性にもすぐれ、東北地方で広く栽培されたが、いもち病冷害に弱く、近年は作付面積が減少している。水稲農林150号。東北78号。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ささにしきの関連キーワード銘柄米大崎

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ささにしきの関連情報