コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋本伯寿 はしもと はくじゅ

2件 の用語解説(橋本伯寿の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋本伯寿 はしもと-はくじゅ

?-? 江戸時代後期の医師。
はじめ漢方をまなび,のち長崎で吉雄耕牛(よしお-こうぎゅう)らに師事して蘭学をおさめる。文化6年(1809)「断毒論」をあらわし,天然痘,麻疹,梅毒が異国からの伝染病であるとし,伝染経路,予防対策について論じた。甲斐(かい)(山梨県)出身。名は徳。号は三巴,節斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

橋本伯寿

没年:天保2.12(1831)
生年:生年不詳
江戸後期の医者。甲斐国(山梨県)市川大門村の曾祖父以来続いた医家に生まれる。名は徳,号は三巴,節斎,通称は保節。長崎に遊学して吉雄耕牛,志筑忠雄に蘭学を学び,帰途大村,天草を訪れて天然痘患者の厳重な隔離による避痘効果を体験した。さらに多くの実見によって隔離法による伝染病の予防対策を提唱,文化7(1810)年『断毒論』を著し,天然痘・梅毒等の伝染説を唱道した。避痘隔離法の法令化を甲府勤番支配役所に請願した書中で,医学館の痘科教授池田瑞仙の説を批判したことから『断毒論』の版木を押収されるという事件も起きている。

(宗田一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橋本伯寿の関連キーワード山脇元沖市川大門富士川市川紙荒井顕道一瀬調実長田紀梅広瀬保庵渡辺信甲陽自慢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone