コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋本富三郎 はしもと とみさぶろう

美術人名辞典の解説

橋本富三郎

実業家。滋賀県生。別号は魚青。早大卒。倉紡入社。アメリカ視察後倉敷中央病院事務長、倉絹工場長を経て、合同新聞社長となる。戦後岡山市長を務めた。俳句・書画道を能くした。昭和30年(1955)歿、70才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋本富三郎 はしもと-とみさぶろう

1886-1955 昭和時代の経営者。
明治19年6月8日生まれ。大正3年倉敷紡績に入社,倉敷,岡山などの工場長を歴任。昭和14年合同新聞(現山陽新聞)社長,20年岡山市長。松瀬青々に師事して俳句,俳画をまなび,死後「魚青句鈔」が出版された。昭和30年5月3日死去。68歳。滋賀県出身。早大卒。号は魚青。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

橋本富三郎の関連キーワード昭和時代実業家

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android