俳画(読み)はいが

日本大百科全書(ニッポニカ)「俳画」の解説

俳画
はいが

俳味ある洒脱(しゃだつ)な画(え)。俳諧(はいかい)、俳文、俳句を賛とし、淡彩もしくは墨画(ぼくが)の簡略な筆致で、賛のに響き合う、あるいは賛の内容を説明するところを画にしたもの。自画自賛とは限らない。創始については不明であり、すでに芭蕉(ばしょう)や許六(きょりく)、彭城百川(さかきひゃくせん)は俳画とよべるものを描いているが、それを芸術的に完成させたのは与謝蕪村(よさぶそん)である。蕪村は自ら「俳諧ものの草画」とよび、『おくのほそ道図屏風(びょうぶ)』や『若竹(わかたけ)図』などの優れた作品を残している。幕末の渡辺崋山(かざん)には版本『俳画譜』があり、このころには俳画という呼称が定着し、以後もっとも一般に普及した日本画の一形式として現代に至っている。

[星野 鈴]

『岡田利兵衛著『俳画の世界』(1966・淡交新社)』『『俳人の書画美術』全12巻(1979~80・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「俳画」の解説

俳画
はいが

俳諧画ともいう。日本画の一形式。俳味のある洒脱な略筆墨絵や淡彩の小品画。1句の俳句を題材にして,その句の内容を絵画として表現し,題材となった句を賛とした書画一体の形式のものが多い。俳諧が盛んになりだした室町時代後期から発生したと考えられるが,江戸時代初期の野々村立圃松尾芭蕉,宝井其角らによって基礎が固まった。中期の与謝蕪村,建部凌岱 (りょうたい) らによって完成され広く普及したが,以後は趣味的な即興画として今日にいたっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「俳画」の解説

はい‐が ‥グヮ【俳画】

〘名〙 日本画の一種。俳味のある、略筆の淡彩もしくは墨絵で、俳句の賛などが付けてある書画共存形式の絵。与謝蕪村が完成者とされる。俳諧画。
※病牀六尺(1902)〈正岡子規〉「俳画などといふ粗画に俳句の讚を書くのは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「俳画」の解説

はいが【俳画】

俳句を題材に,その句が描写する内容を表現し,その画面に題材となった俳句を賛した書画共存形式の絵画。しかし,その本質とするところは,単に俳句の意味するところ,すなわちその内容が視覚化されるという,形式的な一致にあるのではなく,俳諧の成立と展開の中で醸成されたものである。機知滑稽味,卑俗,即興性,日常的題材,平明さ,軽さ,といった概念は,俳諧が短歌から派生し,貞門,談林を経て蕉風の〈軽み〉の完成に至る俳諧の本質を端的に示しているが,それはそのまま俳画の特質を指摘する言葉でもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android