コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋本金作(初代)(読み)はしもと きんさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋本金作(初代) はしもと-きんさく

?-? 江戸時代前期の歌舞伎役者。
若衆歌舞伎の女方。明暦2年(1656)禁制の下げ髪姿で京都の坂田定右衛門座に出演。また桟敷(さじき)で口論し,相手の武士が刀をぬいてあばれたため,京都の全劇場が興行停止処分をうける。役者を引退し大津で茶店をひらくが,のち旅役者として信濃(しなの)(長野県)飯田で没したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android