コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋爪誠義 はしづめ せいぎ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋爪誠義 はしづめ-せいぎ

1869-1912 明治時代の土木技術者。
明治2年9月19日生まれ。東京府技師などをへて,日露戦争後樺太(からふと)の交通機関の整備につくす。また山梨県下の水害対策にも奔走した。明治45年2月4日死去。44歳。岩代(いわしろ)(福島県)出身。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

橋爪誠義の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android