コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩代 いわしろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩代
いわしろ

福島県北東部,二本松市南東部の旧町域。 1955年小浜町と新殿村,旭村の2村が合体して岩代町が成立。 2005年二本松市,安達町,東和町と合体して二本松市となった。阿武隈高地西斜面にあるため,耕地が少なく,畜産特に黒和牛の出荷が主産業。米作,養蚕,タバコ栽培も行なわれる。杉沢の大スギは国の天然記念物に指定。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いわしろ〔いはしろ〕【岩代】

旧国名の一。現在の福島県西部にあたる。明治元年(1868)陸奥(むつ)から分国。名は、石背(いわせ)を「いわしろ」と誤読したことによるという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩代の関連キーワード書道ガールズ!! わたしたちの甲子園和歌山県日高郡みなべ町西岩代緋色の記憶 美しき愛の秘密岩代石(データノート)沙粧妙子・最後の事件わたしたちの教科書お熱いのがお好き?WITH LOVE岩代(和歌山県)恋も2度目なら岩代(福島県)恋のバカンス闇の子供たち必要のない人なにさまっ!葵 徳川三代人間の証明君といた夏恋する京都亜欧堂田善

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩代の関連情報