機感(読み)キカン

デジタル大辞泉の解説

き‐かん【機感】

仏語。仏が衆生の心の働きを感じ取って、それに対応すること。また、衆生の心の働きが、仏の導く力を感じること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きかん【機感】

〘仏〙
神仏が衆生しゆじようの宗教的能力や心を感じとって、それに適した行為をなすこと。
衆生が神仏の働きを感じとること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐かん【機感】

〘名〙 仏語。衆生の能力が発動する状態にあることに神仏が感応すること。神仏の力が衆生の資質や願に応ずる状態。
※発心集(1216頃か)六「有縁の悲願を聞くに、又機感のいたれる事をしり、又罪ふかけれど未だ五逆をつくらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

機感の関連情報