コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機感 キカン

デジタル大辞泉の解説

き‐かん【機感】

仏語。仏が衆生の心の働きを感じ取って、それに対応すること。また、衆生の心の働きが、仏の導く力を感じること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きかん【機感】

〘仏〙
神仏が衆生しゆじようの宗教的能力や心を感じとって、それに適した行為をなすこと。
衆生が神仏の働きを感じとること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

機感の関連キーワードサイイド・ムハンマドの反乱誰だ?花園を荒すものは!ゼネラルマネジャーアルジェリアの政治アナン事務総長報告原発市場と業界再編羽田空港の再国際化アーリヤ・サマージ体質性インポテンツ中小企業挑戦支援法大豆100粒運動スタンボリスキ鳥羽・伏見の戦2007年問題敵中横断三百里ABCD包囲陣シブ・セーナータイのコメ輸出ポピュリズムバルメン宣言

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

機感の関連情報