コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悲願 ひがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

悲願
ひがん

仏教用語。慈悲本願の意。仏や菩薩が,衆生を救済するために慈悲心から立てる誓願。たとえば弥陀の 48願,薬師如来の 12願などのようなもの。現代一般の用例では,ぜひとも達成しようとする悲壮な願いのことをいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひ‐がん〔‐グワン〕【悲願】

ぜひとも成し遂げたいと思う悲壮な願い。「年来の悲願が実る」
仏語。仏・菩薩(ぼさつ)が慈悲の心から人々を救おうとして立てた誓い

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひがん【悲願】

どんなことがあってもなしとげようと思う悲壮な願い。 「 -達成に燃える」
仏・菩薩ぼさつの大慈悲にもとづく誓願。阿弥陀仏の四十八願、薬師如来の十二願などの類。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

悲願の関連キーワードモヌメンタ・ゲルマニアエ・ヒストリカ恩讐の彼方に・恩讎の彼方に東京都あきる野市横沢アスワン・ハイ・ダムフットボールアワーダーク ノビツキーサンフレッチェ広島アラブ連合共和国武蔵村山市と鉄道あきる野(市)バディ ライスエリア ソウザ写真ギャラリー成尋阿闍梨母集協定関税率制度不空羂索観音永登 元次郎アデナウアー中之上靖文写真美術館

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悲願の関連情報