悲願(読み)ひがん

精選版 日本国語大辞典「悲願」の解説

ひ‐がん ‥グヮン【悲願】

〘名〙
① 仏語。仏菩薩が大慈悲から発する誓願。阿彌陀仏の四十八願、薬師如来の十二願などの類。
※性霊集‐八(1079)有人為先舅修法事願文「観音勇猛、接手悲願、橋艤八難之河」
※古今著聞集(1254)二〇「阿彌陀仏の悲願を報じたてまつるゆへにや」
② (━する) どうしても果たしたいと願うこと。また、そのような悲壮な願い。
※第3ブラリひょうたん(1951)〈高田保〉神経衰弱「科学者たちが、科学を超国家世界的の存在たらしめたいと悲願していることを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「悲願」の解説

ひ‐がん〔‐グワン〕【悲願】

ぜひとも成し遂げたいと思う悲壮な願い。「年来の悲願が実る」
語。仏・菩薩(ぼさつ)が慈悲の心から人々を救おうとして立てた誓い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「悲願」の解説

悲願
ひがん

仏教用語。慈悲の本願。仏や菩薩が,衆生を救済するために慈悲心から立てる誓願。たとえば弥陀の 48願,薬師如来の 12願などのようなもの。現代一般の用例では,ぜひとも達成しようとする悲壮な願いのことをいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android