コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檜皮ぶき ひわだぶき

1件 の用語解説(檜皮ぶきの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

檜皮ぶき
ひわだぶき

檜 (ひのき) の皮でふいた屋根,またその方式。日本建築では古く茅ぶき,檜皮ぶき柿 (こけら) ぶきなど屋根ふき用材に植物材料を用い,神社や住宅では後代まで使用された。寺院では中国の影響で本瓦ぶきが行われたが,京都などでは檜皮ぶき,柿ぶきのものも多かった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

檜皮ぶきの関連情報