檜隈民使博徳(読み)ひのくまのたみのつかい はかとこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

檜隈民使博徳 ひのくまのたみのつかい-はかとこ

「日本書紀」にみえる倭漢(東漢)(やまとのあや)氏配下の渡来系の人。
身狭青(むさの-あお)とともに雄略天皇史部(ふひとべ)(書記官)としてつかえ,雄略天皇8年,12年に青とともに中国の呉(くれ)に派遣され,漢織(あやはとり),呉織(くれはとり)らをつれて帰国したという。檜隈は倭漢氏が本拠とした大和(奈良県)高市郡檜隈(檜前)村の地。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android