コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檜隈 ひのくま

世界大百科事典 第2版の解説

ひのくま【檜隈】

奈良県高市郡明日香村南西部の古代地名。檜隈忌寸(いみき)とも称される渡来系集団,東漢(やまとのあや)氏が集中して居住した。《日本書紀》応神20年9月条の記事や,《続日本紀》宝亀3年(772)4月条の坂上苅田麻呂の奏言によれば,応神朝に百済から渡来した阿知使主(あちのおみ)やその子の都加使主(つかのおみ)らが檜隈邑に住みつき,その子孫が栄えて檜隈忌寸と称されるに至ったという。雄略朝からは,さらに新来の渡来系の人々すなわち今来漢人(新漢人)(いまきのあやひと)もこの地に住むようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

檜隈の関連キーワード奈良県高市郡明日香村檜前倭漢氏・東漢氏吉備嶋皇祖母命野口王墓古墳檜隈民使博徳蘇我堅塩媛中尾山古墳欽明天皇文武天皇定林寺跡推古天皇天武天皇蘇我稲目持統天皇言寄せる宣化天皇檜隈寺跡目子媛堅塩媛水飼ふ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

檜隈の関連情報