コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫓のお七 やぐらのおしち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

櫓のお七
やぐらのおしち

歌舞伎舞踊曲。義太夫節。本名題『松竹梅雪曙』。安政3 (1856) 年江戸市村座,4世市川小団次初演。先行作である菅専助の『伊達娘恋緋鹿子 (だてむすめこいのひがのこ) 』 (安永2〈1773〉) の6の巻「八百屋」段末部分 (1世鶴沢寛治作曲) を河竹黙阿弥が脚色,場面を雪中にし,人形振を取入れた。恋仲にあった吉三郎の命を救うため,法度を破って火の見櫓の太鼓を打つまでのお七の葛藤が人形振で表現される。井上流京舞にも同じ素材を扱った『お七』 (2世井上八千代振付) がある。また文楽では,メリヤスにのってお七がはしごを上る吉田文五郎の演出が知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

櫓のお七の関連キーワード八百屋お七人形振り

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android