コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達娘恋緋鹿子 だてむすめこいのひがのこ

1件 の用語解説(伊達娘恋緋鹿子の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だてむすめこいのひがのこ【伊達娘恋緋鹿子】

人形浄瑠璃世話物。8巻。角書〈起請方便品書置寿量品〉。通称《櫓のお七》菅専助松田和吉若竹笛躬作。1773年(安永2)4月大坂北堀江市の側芝居初演。お七吉三物の浄瑠璃としては,これより先に《八百屋お七》やその改作《潤色江戸紫》などが行われていたが,本作は後者をさらに書き替えたもの。お七が放火をするのではなく,火の見櫓の半鐘(のちの歌舞伎では太鼓)を打つという新しい趣向が成功した。今日もっぱら上演されるのは六の巻末尾の〈火の見櫓〉の段だが,お七が梯子を登るさまを人形遣いがその姿を見せずに操るという吉田難波掾に伝えられた技巧的な型が人気を呼び,華やかな景事の一幕となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊達娘恋緋鹿子の関連情報