コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛橋栄春斎 くしはし えいしゅんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

櫛橋栄春斎 くしはし-えいしゅんさい

?-1765 江戸時代中期の画家。
狩野(かのう)派の技法を修得,山水・人物などをかいた。法橋(ほっきょう)。門下に森陽信(ようしん)。明和2年死去。大坂出身。名は正盈(まさみつ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

櫛橋栄春斎の関連キーワード田阪灞山中野碩翁コッチ窯アダムズ(Samuel Adams)賀茂真淵(かもまぶち)鈴木春信ニコライ(Friedrich Nicolai)ブルース(James Bruce)総合年表(アメリカ)過疎現象と市区町村合併

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone