コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛淵弥兵衛 くしぶち やへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

櫛淵弥兵衛 くしぶち-やへえ

1749-1820 江戸時代中期-後期の剣術家。
寛延2年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)の人。家伝の天真神道流をまなび,諸流を折衷して神道一心流をおこす。寛政元年江戸小川町に道場をひらき,4年一橋家の師範,小姓番頭(ばんがしら)となった。文政3年4月23日死去。72歳。名は宣根(のぶもと)。号は虚冲軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

櫛淵弥兵衛の関連キーワード舎密開宗アンペール丸山権太左衛門ゲーテ信達騒動怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)信達一揆吉田藩(三河国)レッシング(Gotthold Ephraim Lessing)市河寛斎

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android