コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欠号 ケツゴウ

3件 の用語解説(欠号の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けつ‐ごう〔‐ガウ〕【欠号】

雑誌などの定期刊行物で、ある号が欠けていること。また、その号。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けつごう【欠号】

ひとそろいになる雑誌などで、ある号が欠けていること。また、その号。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

欠号

逐次刊行物,特に定期刊行物の,一つまたは複数の分冊(号)が欠落していること,またその欠落した分冊.発行予定期日を過ぎ,または次の分冊が到着したにもかかわらず,受け入れられていない分冊が欠号である.欠号の生じる原因は,定期刊行物などの郵送の際のトラブル(誤配,破損,事故など)による未配,未着のもののほかに,提供利用時における紛失などによる欠落の場合もある.いずれにしても,欠号の補充をしなければならない.特に,外国雑誌などの未着による欠号は,早期に発見し欠号請求(クレーム)を速やかに行わなければ,欠号補充のための予算措置が別途必要になる.欠号を含んだまま製本をする場合は,欠号表示紙(赤色紙)を該当箇所に挿入するとともに,背文字に欠落の号数を明示するのが一般的である.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

欠号の関連キーワード休刊創刊増刊第三種郵便物定期刊行物廃刊発刊創刊号増刊号periodical

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone