憂愁(読み)ユウシュウ

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐しゅう〔イウシウ〕【憂愁】

うれえ悲しむこと。気分が晴れず沈むこと。「憂愁に閉ざされる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうしゅう【憂愁】

( 名 ) スル
うれえもだえること。悲しみなげくこと。うれい。 「 -の色が濃い」 「享楽し、-する人間らしき行為言動を/文学評論 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆう‐しゅう イウシウ【憂愁】

〘名〙 悲しんでを痛めること。悲しみもだえること。
※扶桑集(995‐999頃)七・秋夜臥病〈都良香〉「愁不寐、長短聴鳴鶏
※古活字本荘子抄(1620頃)七「惘々は憂して自得せざる貌也」 〔史記‐屈原伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

憂愁の関連情報