コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正投影法 セイトウエイホウ

1件 の用語解説(正投影法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せい‐とうえいほう〔‐トウエイハフ〕【正投影法】

投影図法の一。立体図形を、互いに直交する三平面に正射影して平面に表現する方法。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の正投影法の言及

【製図】より

…そこで製図においては画法幾何学に基づく投影の原理を用いた投影法によって図面を作成するのである(画法幾何学)。 投影法には,投影を行う光線の種類ならびに光線と投影面,あるいは品物との関係角度によって図1のような種類があるが,工業上に用いられる図面には,このうちの正投影法が主体であり,また等角投影法,斜投影法は説明図などの場合に用いられる。 正投影法では,1個の投影面によって得られる品物の面は1面だけであるので,互いに直角に交わる二つ,あるいはそれ以上の投影面を設け,それぞれに垂直な光線を当てて投影を行うのであるが,このとき品物を,直交する2投影面のいずれの場所(象限)に置くかによって,第一~第四角法の四通りの場合が生ずる。…

※「正投影法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone