平面図(読み)へいめんず

精選版 日本国語大辞典「平面図」の解説

へいめん‐ず ‥ヅ【平面図】

〘名〙
正投影法で、平画面に描かれた投影図物体を真上から見た原寸大の図、縮図、または拡大図。
※哲学階梯(1887)〈今井恒郎訳〉二「概念の限定は種々なる等級に於て顕さる。例へば左の如し。平面、平面図、平面直線図等の如し」
② 建築物の各階をある高さの水平面で切って真上から見た図。プラン
※鶏(1909)〈森鴎外〉「どの家も皆同じ平面図に依って建てたやうに出来てゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「平面図」の解説

平面図
へいめんず
plan

建築物や土木構造物をある高さで水平に切断したとして,その切断面を真上から見おろした様子を適当な縮尺で描いた図形。プランともいう。建築物の場合は,通常,各階の柱,壁,間仕切り,窓や出入口などの開口部,階段,昇降機などの相互の位置を示し,寸法を記入する。 (→立面図 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の平面図の言及

【建築製図】より

…(1)(2)は機械製図でも,その対象とするものによってはあてはまるが,(3)の特徴は機械製図には見られないものである。
[表示方法]
 第1の特徴,すなわち三次元の立体あるいは空間を平面上に示す方法として,立面図,断面図,平面図,あるいは透視図,等測投影図などがある。立面図は,建物の立面をそれに平行な平面に投影した図であって,建物外面各部の高さと幅が示されるが,奥行きは示されない。…

※「平面図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android