コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立面図 りつめんずelevation

翻訳|elevation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立面図
りつめんず
elevation

建築,インダストリアル・デザイン用語。設計図面の平面図 (プラン) に対して,正面や側面から見た設計を図示したもの。建築,インダストリアル・デザインなどの設計を施主,施工者にわかりやすく理解させるために使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りつめん‐ず〔‐ヅ〕【立面図】

投影図法で物体立画面に投影したときに得られる図。物体を正面から見た図。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リフォーム用語集の解説

立面図

建物の外観を表す図面。エレベーションとも呼ばれる。東西南北四面作成するのが普通。隣地と接する側など重要でない面を省略することもある。公庫の設計審査には2面以上必要。屋根の形状やこう配、窓・玄関ドアの配置など、外観デザインのイメージを表現することを主目的とする。使用する外装建具、屋根材外壁材など主要な外部仕上げや、軒高、階高、床高など主要な高さ寸法を、必要に応じて記入する。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

りつめんず【立面図】

物体を真横から見た図。投影画法で、立画面へ投影する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の立面図の言及

【建築製図】より

…(1)(2)は機械製図でも,その対象とするものによってはあてはまるが,(3)の特徴は機械製図には見られないものである。
[表示方法]
 第1の特徴,すなわち三次元の立体あるいは空間を平面上に示す方法として,立面図,断面図,平面図,あるいは透視図,等測投影図などがある。立面図は,建物の立面をそれに平行な平面に投影した図であって,建物外面各部の高さと幅が示されるが,奥行きは示されない。…

※「立面図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

立面図の関連キーワード設計図書[建築]建築製図基本設計空間図形投影図法実施設計透視図投影図正面図立体姿図界線製図真横

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立面図の関連情報