コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正法律 ショウボウリツ

デジタル大辞泉の解説

しょうぼう‐りつ〔シヤウボフ‐〕【正法律】

江戸時代、延享・寛政の間、真言宗の慈雲が唱えた真言律宗

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の正法律の言及

【慈雲】より

…のち信濃に遊び,禅をも学ぶ。1744年(延享1)河内国長栄寺に住してはじめて戒律を講じ,鑑真以来一定していなかった授戒の作法に規律を定めて正法律(しようぼうりつ)と称した。のち摂津国有馬桂林寺に転じたが,この間もさかんに正法律を提唱し,講演著述に専念した。…

※「正法律」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報