正田 篠枝(読み)ショウダ シノエ

20世紀日本人名事典の解説

正田 篠枝
ショウダ シノエ

昭和期の歌人 被爆者。



生年
明治43(1910)年12月22日

没年
昭和40(1965)年6月15日

出生地
広島県

学歴〔年〕
安芸高女〔昭和3年〕卒

経歴
家業は製粉業。昭和20年8月6日の原爆で、爆心地から1キロの自宅で被爆、家は壊れ火傷を負った。小舟で宮島口に逃れた。悲惨極まりない地獄図絵を三十一文学の短歌にまとめ、「さんげ」と題し出版を考えたが、21年夏占領軍の検閲のため許可が取れず、私家版「さんげ」を秘密裡に出した。その後37年に「耳鳴り―原爆歌人の手記」として平凡社から出版された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

正田 篠枝 (しょうだ しのえ)

生年月日:1910年12月22日
昭和時代の歌人
1965年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android